【再開発】天童温泉街、屋台村「と横丁」2020年オープン!【更新】

再開発
スポンサーリンク

天童温泉の経営者で構成されるDMC天童は、天童温泉の駐車場を利用して屋台村「と横丁」を2020年1月にオープンする予定です!

2019年12月25日までにクラウドファンディングが進行中で、屋台村入り口付近に「将棋モニュメント」を設置を予定しています

温泉と将棋のふるさと天童温泉。「屋台村」で活気とにぎわいを。 - クラウドファンディング READYFOR
将棋で有名な天童温泉。かつての賑わいを取り戻すべく、温泉街の中心地に「将棋」と「食」を通して世代や国籍を超えた交流ができる屋台村「と横丁」を建設します。 - クラウドファンディング READYFOR

現在までに韓国料理店やそば居酒屋など、8つの店舗が出店を計画しています

【まとめ】山形県の開発・再開発事業! 2020年1月時点!【更新】
山形県内の主要な開発・再開発事業をまとめました。県内ではマンションや商業施設、ホテルや複合施設等が開発されています。2019年12月の最新情報です。

完成予想図・位置

DMC天童が公示している完成予想図になります!

蔵をイメージした外観で、各屋台入り口には将棋をモチーフにしたモニュメントを設置しています。

天童温泉街に位置しており、付近には歓楽街や飲食店などが点在しています。

現在の様子(2020年1月)

暗くてわかりづらいですが、外観はおそらく完成してそうです

将棋の街らしく、将棋を使ったデザインが目立ちます。

付近には小規模ながら飲み屋街があり、観光客によって活気が出てきそうですね

概要

名称天童温泉屋台村 と横丁
所在地(推定)〒994-0025 山形県天童市鎌田本町1丁目3
運営株式会社DMC天童温泉
竣工予定日2020年1月
敷地面積500平方メートル

天童らしく将棋を使った席や地元の食事を提供するそうです。

屋台村は8つの店舗からなり、各店舗では天童や山形の食材を使ったメニューを提供してもらいます。また、ただ飲食ができる施設ではなく、将棋のまち天童らしく自由に対局できる場所を構えたり、海外からのお客様も楽しんでいただけるようホームページやメニューなどを多言語化する予定です。

https://readyfor.jp/projects/toyokocho

考察

観光客の誘致をするために、温泉街が飲み屋街を提供するというのは相互関係性があって面白いですね。現在までは飲食店が点在していた形で、観光客向けのが少ないイメージでした。それを補完できそうなので期待ですね

また山形県天童市は将棋が有名であり、町中に将棋駒が設置されています。

このような観光客誘致をどのように、町全体の発展と関連させていくのか興味深いです。市街地の地価は減少傾向ですが一時的な回復が見込まれます。しかしもっと先の未来に向けた政策も必要です。

まとめ

  • 2020年に天童温泉に屋台村がオープンする
  • 8店舗出店予定で、山形のものを中心に提供する
  • 市街地の発展に寄与する?

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました